WORKSSUBARU × GAINAX
放課後のプレアデス

「共感を生むアニメ」で、企業をブランディング。

富士重工株式会社

CHALLENGEマス広告は、使わない。お客様との新しい接点を、独自の方法で切り開く。

従来の広告手法だけでは企業メッセージを伝えることが難しい、複雑にセグメント化された現代の消費者に、「SUBARU」をもっと知ってもっと共感してもらいたい。これを実現するため、コンテンツを最大限有効活用するアニメーションを使った企業ブランディングを提案、受注した。

SOLUTION話題を最大化するために、さまざまなアプローチを。

YouTubeオリジナルアニメ「放課後のプレアデス」を制作。設計したプロモーション・コミュニケーション・フローをもとに、公式サイト・Twitterの活用、記者発表やシネアドとのイベント、渋谷駅前ビジョンジャックやオリジナルグッズ制作などを行い、あらゆる角度から話題を提供した。

RESULTそして、4年が経過。挑戦は続いている。

オンラインメディアをはじめ、アニメの情報誌やテレビ番組、新聞、雑誌など、幅広く取り上げられたこのプロモーション。「SUBARU」ブランドの認知拡大に大きく貢献し、アニメーション作品としてもYouTubeの月間再生回数がスポンサー(映画とアニメ)枠で日本1位になるなど、高評価を獲得した。プロジェクト開始から4年。テレビアニメ/コミカライズ化を経て、プロモーションはこれからも続く。

CREDIT
クライアント
富士重工業株式会社
エージェンシー
株式会社電通
企画制作
電通アイソバー株式会社
共同制作
株式会社電通テック
アニメーション制作
株式会社ガイナックス