顧客を中心に。
体験先行型ヘッドレスソリューション
Kirimori

顧客を中心に。体験先行型ヘッドレスソリューション Kirimori顧客を中心に。体験先行型ヘッドレスソリューション Kirimori

多様化する顧客体験に
対応できていますか?

顧客の価値基準が商品やサービスだけではなく「体験」中心へと変わっている現代、いかに上質な体験を提供できるかが企業の競争優位性を左右します。
デジタルテクノロジーの進化に伴って顧客体験(Customer Experience=CX)が多様化する中、企業は最適なCXを実現するソリューションの提供を求められており、顧客満足度を向上できることが他社との大きな差別化につながります。

優れたCXを実現するためのさまざまなソリューションは、顧客の体験全体を通して最適化される必要があります。顧客とのタッチポイントが多岐にわたっている場合には、それらのタッチポイントを起点に最適化する術、最適な顧客体験をシームレスに実現できる環境を構築することが今、求められています。

顧客の体験は、PCやスマートフォンだけのものではなく、
ソーシャルメディアやアプリケーションにおけるものなど多岐にわたります。
さらには、デジタルの世界のみではなく、
店舗などにおける体験も含めてすべてをシームレスにすることが重要です。

デジタルの体験←→リアルの体験

Headless Solution

で最適な顧客体験(CX)を実現します。

接客と購買の
双方に対応

オンライン、オフラインのシームレスな体験には、接客だけではなく購買も含め対応する必要があります。
電通アイソバーが提供するヘッドレスソリューション “Kirimori” は、接客、購買の双方の体験を最適化することができるソリューションであり、優れたCXの実現に向けて接客体験だけでなく購買体験にも柔軟に対応いたします。

知る、比較検討、買う、体験する知る、比較検討、買う、体験する

なぜ顧客体験に
柔軟に対応できないのか?

多様化する顧客体験に対応するためには、各顧客に合わせた体験設計を行う必要があります。
システム等に関係なく設計することはできますが、実装するには現状のシステムへの組み込みなどが必要になります。
現行のソリューションでは、それぞれの仕組みがそのまま顧客のタッチポイントに情報を配信しているため、
提供する体験は仕組みに依存してしまいます。

Headless Solution は、
顧客のタッチポイントを提供する
仕組みとして動作することにより、
導入するソリューションに
影響されることなく、
最適な顧客体験(CX)を実現できます。

“Kirimori” は、顧客のタッチポイントを提供する仕組みとして動作することにより、
導入するソリューションに影響されることなく、最適な顧客体験(CX)を実現できます。

各システムが顧客に対して接客を行うことから、個別のシステムの仕組みで可能な範疇の接客しかできない。 → Kirimori → 最適なCXに合わせて接客設計し、必要に応じ個別システムと連携するため、柔軟な対応が可能です。各システムが顧客に対して接客を行うことから、個別のシステムの仕組みで可能な範疇の接客しかできない。 → Kirimori → 最適なCXに合わせて接客設計し、必要に応じ個別システムと連携するため、柔軟な対応が可能です。

Headless Solution

はすべてのタッチポイントを柔軟にします。

検索エンジンからサイトに訪れることがメインだった時代から、今ではソーシャルメディアやMAツールなどで提供されるメール、
店頭でのデジタルサイネージなど多くのタッチポイントから来訪しています。これら接客におけるタッチポイントに対するさまざまなソリューションが存在しており、
企業はすでに多くの対応を行ってきています。

サイトに訪れて購買するまでの流れについてどこまで対応ができていますでしょうか?
サイト上でのレコメンデーションやパーソナライゼーション、さまざまな決済手段による購買促進が考えられます。
しかし、購買の体験についてはいかがでしょうか?

新しいギフトソリューションやサブスクリプション購入、
DTC(Direct to Commerce)など新しい形態の購買への対応にはまだまだ高いハードルがあります。

Headless Solution は、
すべてのタッチポイントに柔軟にシームレスに対応し、
最適な購買体験を実現します。

イメージ図イメージ図

※ ”Kirimori" は、現時点で、Acquia(CMS)
とShopify(EC)ツールと連携しておりますが、
その他のツールでもAPI連携が可能なツールであれば接続が可能になります。

Headless Solution

のメリット

“Kirimori” は、柔軟な顧客体験(CX)を提供するためのHeadlessソリューションです。
AcquiaプラットフォームとShopifyと連携しクラウドソリューション上にて動作するため、監視、バックアップ、セキュリティ対応も含めて柔軟な対応が可能です。
“Kirimori” は、サービス全体に対しての柔軟性を提供するだけではなく、クラウドソリューションのメリットも併せて提供します。

柔軟な体験設計
仕組みに影響されることなく、必要に応じた体験設計を行い、実装することが可能です。
企業の成長に
合わせた拡張
必要に応じて仕組みを追加していくことができるため、企業の成長に合わせて実装が可能です。
圧倒的な
パフォーマンス
システムのやり取りを最小限にすることで圧倒的なパフォーマンスを実現します。
さまざまな
ソリューションと
シームレスな連携
接客に必要なソリューションとシームレスに連携することができるため、幅広い体験設計が可能です。

CX Design
Approach
で最適なソリューションの実現

オンライン、オフライン問わずさまざまなタッチポイントをシームレスにつなぐ最適なCXの実現のために、
電通アイソバーは、顧客・競合・市場を調査分析の上、様々なステークホルダーで深く議論しインサイトを把握し、課題を抽出整理の上、
KPIを明確に定め、顧客像ごとに具体的なCXを設計します。
設計したCXの提供に必要なソリューション “Kirimori”を実装することにより、より上質な顧客体験を実現します。

イメージ図イメージ図