HACS(Healthcare And Customer Solutions) 患者視点のソリューションを生み出す、CO-CREATION PROGRAM.

CX DESIGN
×
HEALTH CARE

人を中心に
課題解決に挑む業界にこそ、
CX DESIGNによる
イノベーションの種がある。

人のために、より良い暮らしや、
社会のために。

今こそ、
患者視点のソリューションを
目指して。

HACS IS …

電通アイソバーとヘルスケア業界
のクライアントとが
1teamとなり
マーケティング業界の視点と
医療・医薬品業界の視点を
掛け合わせ
新しいソリューション
の創出を目指す
Co-Creation Program.

HACS イメージ図

BACKGROUND

  • ジェネリック
    バイオシミラー
    台頭

  • 医療制度
    の改革

  • MR活動の
    規制強化

  • グローバル
    イニシアチブ
    M&A

医薬品業界は
今までにない変革の時を迎えており、
COVID-19による環境の変化も加わって
従来のやり方では解決できない問題が
今後増えていく事が予想できます。

1剤1強のブロックバスター時代から
ブランドの選択と集中、
そしてブランドとして
総合的な力が試される時代にこそ、
そのエンドユーザーである患者さんの
視点が大切になると私たちは考えます。

患者さんは一人として
同じ立場の人はいません。
同じ情報、同じ届け方で
本当に伝わるでしょうか?

イメージ図

私たちは患者さんの持つ
「大切な役割」
に注目します。

  • OFFICE WORKER
  • BUSINESS OWNER
  • MOTHER
  • STUDENT

そして、
治療を「生活の一部」
と捉えます。

DAILY LIFE

患者さんを「生活者」と捉え、
彼らのジャーニーに
寄り添った最適な
コミュニケーションを
導き出します。

イメージ図

APPROACH

HACS 3つの約束

  1. データによる
    UNKNOWN NEEDSの可視化
  2. FRICTIONLESS
    なUX設計
  3. ペイシェント・ファーストの
    CREATIVE

患者さんの治療や生活における固定概念や
未だ見えてないニーズを洗い出し、
日常にシームレスに入り込む
コミュニケーションを
クライアントと共に創出します。

イメージ図

ビジネスゴールを見据え、
アプローチするターゲットの
解像度を高めます。

イメージ図

ジャーニーの中から
最適な接点を見つけ、
ターゲットをセグメント化し
コミュニケーションを展開。

イメージ図

そして、
マーケティングに活かす
サイクルへと繋げます。

イメージ図

PROCESS

イメージ図

現状を知る「Discover」、
ターゲットの再定義や戦略・施策の方向性、
ロードマップを策定する「Define」、
どのような課題解決が必要かを見定め、
施策のアイデアや
コミュニケーション
戦略を検討する「Design」、
実際にプロジェクトを動かしてレポートを
分析し、PDCAを回す「Deliver」
という
4Dアプローチを繰り返し検証
していくことが、必要な解決策を見出し、
持続的にゴールへと進むうえで、
非常に重要です。
HACSではこの4Dのプロセスを
さらに細分化しCo-creationを
実現します。

  1. 1 Hypothesis
    仮説

    現状整理とディスカッションにより問題解決のための
    「仮説の共通認識」を構築します。

  2. 2 Survey
    調査

    調査により仮説を検証しターゲットとなる患者さんを紐解きます。

  3. 3 Workshop
    ワークショップ

    ターゲットのジャニーに沿って真のニーズを可視化しオポチュニティを発見します。

  4. 4 Plan
    設計

    On-line Off-lineの垣根なく、患者さんの生活に入り込むCXをプランニングします。

  5. 5 Execution
    実施

    ソリューションに応じて様々な専門メンバーをアサインしアイディアを形にします。

  6. 6 Validation
    効果測定

    効果指標を測る構築によりデータを蓄積し効果を検証しプロジェクトの改善・提案を行います。

ソリューションに応じて
各領域のスペシャリストが伴走します。

イメージ図イメージ図

CASE STUDY

HACS 4つの
サービスメニュー

ペイシェントの治療生活における固定概念や
今見えてないニーズを洗い出し、
患者さんに寄り添った
アウトプットを実現します。

疾患啓発・教育治療
サポート

  • ・ Webコンテンツ開発
  • ・ サポートツール開発
  • ・ 資材の最適化

プラットフォーム

  • ・ 専用アプリ/LINE開発
  • ・ Chat bot
  • ・ UI / UX改善
  • ・ カスタマーサポート
  • ・ サイト内チャット機能
  • ・ 電子カルテ連動
    プラットフォーム
  • ・ 治験サポートツール

ナレッジシェア

  • ・ 生活者データの取得
  • ・ 患者インサイトの共有
  • ・ ペイシェントジャーニー作成
  • ・ MR研修用資材

サービスデザイン

  • ・ プロダクト、新規サービス
    の開発
  • ・ 企業間コラボレーション
    のサポート
  • Etc.

実際におこなった
プロジェクトの例

  1. Treatment support
    -患者さんに寄り添った、治療伴走ツールの開発-

    受診促進~治療完了までをサポートするフルファネルCX設計。

  2. Patient to Doctor
    -患者さんと医師のコミュニケーションをサポート-

    コミュニケーションの刷新、薬剤・治療に関するリポジショニング、ブランディングによる治療選択のスピークアウト機会の創出。

  3. Knowledge Sharing
    -患者さんのインサイトをMRやドクターへ-

    Workshop(弊社ファシリテート)を通じて患者さんのジャーニーを顕在化し、CXを設計。
    MRやドクターへのナレッジシェアや営業資材にも活用。

アウトプット例

コミュニケーション戦略の立案 |
クリエイティブ開発
(ロゴ、メッセージ、キャラクターなどのVI制作) |
LINE を用いたCRMプログラム開発 |
Webサイト・アプリ制作 | ムービー制作 |
戦略PR | MR用サポート資材・ツール開発 |
患者向けの資材制作 |
メディアプランニング | 広告運用