国内で最大級の利用ユーザー数を誇るLINE。グローバルでもますます存在感を増すFacebook。これらソーシャルメディアは生活者にとって欠かせないものとなりつつあり、企業のマーケティング活用においても重要な役割を担うようになってきました。
今回のセミナーでは、その中でも注目度の高い「LINEビジネスコネクト」の企業の活用方法と、企業のソーシャルメディア活用の基本となる、エンゲージメントを最大化するためのソーシャルメディアコンテンツ×アドの運用方法を、事例を交えながら紹介します。

セミナー 1 16:00~16:50

LINEビジネスコネクト事例から企業のメッセージングサービス活用の可能性を探る

LINE株式会社
マネージャー
林 祐太郎 様

  

株式会社電通iX
チーフ プロデューサー
冨田 正喜

  

国内ユーザー5,800万人以上・デイリーアクティブユーザー3,600万人以上(2015年1月時点)を誇るLINEのマーケティング活用はますます広がりを見せています。特に企業とユーザーとの1対1のコミュニケーションが実現できる「LINEビジネスコネクト」は企業のメッセージングサービス活用の先駆けとしてグローバルでも注目をあびています。
今回は、LINE株式会社 広告事業部 マーケティングソリューションチーム マネージャー 林 祐太郎 氏をゲストに迎え、活用事例を交えながら、LINEビジネスコネクトによる企業のメッセージングサービス活用の可能性をお話いたします。


セミナー 2 17:00~17:50

良質なファンコミュニティを拡大するためのコンテンツ×アド運用

株式会社電通iX
マネージャー
清水 常平

  

株式会社電通iX
シニアプランナー
冨森 香織

  

ソーシャルメディアアカウントの健全な運用は、ブランドの良質なファンコミュニティを形成し、リピート購入の加速やインフルエンス力の強化につながることが期待されます。そのためには、エンゲージメントの高い投稿コンテンツと、エンゲージメントの高い状態を維持拡大するためのアドを有効的に活用する必要があります。
今回は、Facebookを中心としたコンテンツ×アドの運用事例を交えながら、良質なファンコミュニティを拡大する方法についてお話いたします。

  • お申込みの受付は終了いたしました。
    ご応募ありがとうございました。
page top