RELEASES

2018.08.22

タッチポイント全体でブランドエクスペリエンスを創り出すアプローチ「ヘッドレスコマース」についてのホワイトペーパーを発表しました。

「3人寄れば文殊の知恵」ということわざがあります。しかし、それぞれの頭が反対方向に引っ張り合ったらどうでしょうか。一方の頭が感情だけを考えて、もう一方の頭が機能だけを考えたらどうでしょうか。これが複数のタッチポイントを介して顧客と関わりを持ちたいブランドが直面している課題です。モノリシックなITプラットフォームは、人々が定義済みのチャネルでショッピングを行っていた時代に構築されたものです。ある程度までは統合が行われましたが、最終的にユーザーエクスペリエンス(UX)は業務ITアーキテクチャーから独立していました。ヘッドレス・コマースは、名前が示すように、カスタマーエクスペリエンスをバックエンドテクノロジーのインフラストラクチャーから切り離し、ブランドが真の顧客中心のエクスペリエンスを提供できるようにします。では、なぜヘッドレス・コマースがブランドにとって、かつてないほど重要になってきたのでしょうか。

全文はこちら