RELEASES

2020.10.20

電通アイソバー、「全ての体験を“顧客中心“」とする事を可能にするヘッドレスコマースの新ソリューション「”Kirimori (キリモリ)”」を提供開始!

電通アイソバー株式会社(東京都中央区築地、代表取締役社長CEO:得丸英俊、以下電通アイソバー)は、全ての体験を”顧客中心”とする事を実現可能とするためのヘッドレスソリューション 「“Kirimori(キリモリ)”」 の提供を開始いたします。

■新ソリューション提供への背景
顧客の価値基準が商品やサービスだけではなく「体験」中心へと変わっている時代、いかに上質な体験を提供できるかが企業の競争優位性を左右します。デジタルテクノロジーの進化に伴って顧客体験(Customer Experience、以下CX)が多様化するなか、最良のCXを実現するソリューションが求められており、顧客満足度を向上できることが他社との大きな差別化につながります。

顧客の体験は、PCやスマートフォンだけのものではなく、ソーシャルメディアやアプリケーションにおけるものなど多岐にわたります。さらには、デジタルの世界のみではなく、店舗などにおける体験も含めてすべてをシームレスにする必要があります。その流れを柔軟に組み込むことができ、新たな顧客体験を実現できるヘッドレスソリューションとして「“Kirimori(キリモリ)”」の提供を開始いたしました。

■ヘッドレスソリューション「“Kirimori(キリモリ)”」について
“Kirimori(キリモリ)”は、顧客のタッチポイントを提供する仕組みとして動作することにより、導入するプラットフォーム製品に影響されることなく、最適な顧客体験(CX)を実現できます。

また ”Kirimori(キリモリ)”は、すべてのタッチポイントに柔軟かつシームレスに対応し、最適な購買体験を実現します。

■ヘッドレスソリューション “Kirimori(キリモリ)”のメリット
”Kirimori(キリモリ)”は、CX Design Firm である電通アイソバーのこれまでの経験から顧客中心のCX設計を適切にプラットフォームの開発/実装に落とし込むことができるように考えられたヘッドレスソリューションです。プラットフォーム製品が提供する仕組みの中でCXを検討するのではなく、顧客中心に設計された体験をプラットフォーム製品に組み込むことが出来る、体験先行型のソリューションです。

また、Acquia(アクイア)およびShopify(ショッピファイ)のハイパフォーマンスなクラウドソリューション上にて動作するため、監視、バックアップ、セキュリティ対応も含めて対応が可能です。 ”Kirimori(キリモリ)”は、サービス全体に対しての柔軟性を提供するだけでなく、クラウドソリューションとしてのメリットも併せて提供します。

●柔軟な体験設計
プラットフォーム製品の仕組みに影響されることなく、必要に応じた体験設計を行い、実現することが可能です。
●企業の成長に合わせた拡張
必要に応じて仕組みを追加していくことができるため、企業の成長に合わせて実装が可能です。
●圧倒的なパフォーマンス
システムのやり取りを最小限にすることで圧倒的なパフォーマンスを実現します。
●さまざまなソリューションとシームレスな連携
接客に必要なプラットフォーム製品群とシームレスに連携することができるため、幅広い体験設計が可能です。

■ヘッドレスソリューション “Kirimori(キリモリ)”のプラットフォーム
”Kirimori(キリモリ)”は、プラットフォームの全体像として、デジタルエクスペリエンスプラットフォームの“Acquia”とコマースプラットフォームの“Shopify”を利用しております。グローバルで利用されている両プラットフォームは、高いレベルでの運用で管理されているプラットフォームになります。
”Kirimori(キリモリ)”は、顧客体験を実現するためのソリューションであり、運用においても高いレベルで実現されていることが必要になります。これらのプラットフォームを利用することで高い顧客体験を適切にサポートします。

また、両プラットフォームは、APIをベースに構築されており、ヘッドレスソリューションとして必要な機能が標準機能として備わっております。複数のプラットフォームにて構築されている”Kirimori(キリモリ)”のソリューションを顧客、運用する企業の双方においても負荷なく運用することができます。弊社ヘッドレスソリューションは、顧客への最適な体験を提供するだけではなく、適切な運用を実現するための仕組みを提供します。
ヘッドレスソリューション “Kirimori(キリモリ)”詳細ページはこちら

電通アイソバーでは、豊富な経験と知識を持つ人材と、多くの実績を有するグローバルネットワークとの連携により、デジタル技術を活かし、今後も質の高いソリューションをご提供し、企業のデジタルトランスフォーメーションにける顧客体験を支援して参ります。

【アクイアの概要】
アクイアはオープンなデジタル体験プラットフォームを提供することで、組織がウェブサイトやデジタルアプリケーションを通じて大規模なスケールで顧客とのコミュニケーションを構築、ホスト、分析、コミュニケーションを行うことを可能にします。信頼されるオープンソースのリーダーとして、最新技術を提供し、CXリーダーのためのより良いビジネス成果を生み出しています。日本ではアクイアジャパン合同会社を2018年に設立しています。
https://www.acquia.com/jp

【Shopifyの概要】
Shopifyは、国内外問わずにオンライン販売を手軽に始められる、クラウド基盤のマルチチャネルコマースプラットフォームです。ウェブ、モバイル、ソーシャルメディア、マーケットプレイス、実店舗などの複数の販売チャネルを持つネットショップの作成、カスタマイズ、在庫連携、売上管理、マーケティングを簡単に行うことができます。プラットフォームには、ショップの経営者にとって強力なバックオフィス機能も備えられ

ており、オンライン販売に必要なものすべてはShopifyで一元管理ができる、という手軽さが大きな特徴です。カナダのオタワに本社を置くShopifyは、現在まで約175か国で100万以上の企業をサポートしており、Allbirds (オールバーズ)、Gymshark (ジムシャーク)、Heinz (ハインツ)、Staples (ステープルズ)、などの大手有名企業から世界的な著名人まで国内外において、多くのブランドより信頼されています。
https://www.shopify.jp/

全ての製品名又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。

【本件に関するお問い合わせ】
電通アイソバー株式会社 広報担当
support@dentsuisobar.com