RELEASES

2020.10.01

電通アイソバー、「ECzine Day 2020 Autumn」にて 「進化する店舗体験で実現する、CXの新しいかたち  ~リアルとデジタルの融合で目指す柔軟な顧客体験~」 と題したセッションに登壇します

電通アイソバー株式会社(東京都中央区築地、代表取締役社長CEO:得丸英俊、以下電通アイソバー)は、株式会社翔泳社がオンラインで主催する2020年10月6日(火)「ECzine Day 2020 Autumn」にて「進化する店舗体験で実現する、CXの新しいかたち ~リアルとデジタルの融合で目指す柔軟な顧客体験~」と題したセッションに登壇します。

EC化が進み実店舗の存在意義が変わりゆく中、店舗体験は日々進化し、続々と新しい取り組みが始まっています。
これからの時代に目指すのは、徹底的に顧客目線でデザインされ、店舗とECの垣根を超えてシームレスに融合された顧客体験です。
本セッションでは、進化する店舗体験とECの最新の取り組みをご紹介するとともに、リアルとデジタルがシームレスに融合された柔軟な顧客体験の作り方を「ヘッドレスコマース」をキーワードにご紹介します

■電通アイソバー登壇セッション概要
セッションタイトル:進化する店舗体験で実現する、CXの新しいかたち ~リアルとデジタルの融合で目指す柔軟な顧客体験~
日時:2020年10月6日(火)13:40~14:25
セッション番号:B-2
セッション申込:https://event.shoeisha.jp/eczday/20201006/session/2827/

登壇者:
口脇 啓司  電通アイソバー プラットフォームコンサルティング部 エグゼクティブ プランニング ディレクター
ファッション業界を軸としてオフライン、オンライン、カタログなど様々な販売チャネルのマネージメントを経験。ECビジネス、オムニチャネル戦略やデジタルトランスフォーメーションなどデジタルに関する全社プロジェクトを推進。ECビジネスにおいては11年のキャリアを持つ。
口脇 啓司 執筆記事: アフターコロナにおけるオムニチャネル戦略の進め方

門別 諭  電通アイソバー ビジネスデベロップメント部
大手制作会社にてビジネス設計、UX/UI、アーキテクチャなどさまざまな分野を経験。コンサルティングからインフラに至るまで、大手から中小までの幅広い経験から状況に応じた知見があり、長いパートナシップをクライアントと築くプロセスを構築する。コマースにおける幅広い知識を活かし、受注受付までではなくその先の業務フロー設計および出荷までの全体設計、フルフィルメント設計を得意とする。

 

■ECzine Day 2020 Autumn開催概要について
ECzine Day 2020 Autumn         BUILD UP Fashion Commerce 〜デジタル活用で生まれ変わるファッションEC〜
主催:株式会社翔泳社
日時:2020年10月6日(火) 13:00~18:25
会場:オンライン開催
費用:無料(事前申込制)
イベント概要:https://event.shoeisha.jp/eczday/20201006

全ての製品名又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。

 

【本件に関するお問い合わせ】
電通アイソバー株式会社 広報担当
support@dentsuisobar.com