RELEASES

2020.02.21

電通アイソバー、「LINE Planning Contest 2020」において特別賞を受賞 〜 2年連続 「LINE Planning Contest」にて表彰!〜

電通アイソバー株式会社(本社:東京都中央区築地、代表取締役社長CEO:得丸英俊、以下電通アイソバー)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE社)が開催する、パートナー企業向けプランニングコンテスト「LINE Planning Contest 2020」において、特別賞を受賞しました。

■「LINE Planning Contest 2020」とは
LINE社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」および「LINE」関連サービスを活用した各種法人向けサービスにおいて、企業が抱える生活者とのコミュニケーション課題を解決する、LINEを活用したコミュニケーション手法を幅広く募集するプランニングコンテストで、2020年2月12日(水)に第2回が開催されました。
第2回開催となる今回は、モンデリーズ・ジャパン株式会社様、三井住友カード株式会社様よりRFP(提案依頼書)をご提供いただき、両社が実際に抱える生活者とのコミュニケーション課題を解決するためのLINEを活用したコミュニケーション手法を幅広く募集、パートナー企業21社41プランの応募がありました。

電通アイソバーは特別賞を受賞
最終選考では、一次審査を通過した8社10チームがモンデリーズ・ジャパン、三井住友カード、およびLINE社へのプレゼンテーションを行い、電通アイソバーは特別賞を受賞いたしました。

【三井住友カード株式会社様からのコメント】
お客様と”一緒に成長する”というコンセプトが非常に素晴らしかったです。
一般的に、女性は買い物の頻度も高く、カードの枚数も多く持っていらっしゃいますが、弊社は女性向けマーケティングについて課題を持っています。
今回ご提案いただいた”マネ充”というワードは非常に秀逸でした。LINEだけでなく様々なメディアで、今すぐにでも活用していきたいアイデアでした。

LINE社 関連URL:https://www.linebiz.com/jp/news/20200221/