RELEASES

2018.04.24

電通アイソバー、LINEを活用し企業のCRMを実現 ~実績を活かしたコンサルテーションとO2Oプログラムの活用で一貫した顧客体験価値を提供~

電通アイソバー株式会社(本社:東京都中央区築地、代表取締役社長CEO:得丸 英俊、以下電通アイソバー)は、幅広いデジタルマーケティングの実績を基にしたコンサルテーションと、O2O(Online 2 Offline)プログラムの活用で企業の顧客関係構築をサポートします。LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下 LINE)が提供するLINE ビジネスコネクト向けマネージメントツール「TONARIWA(トナリワ)」に、シームレスに顧客体験とユーザーコミュニケーションを可能とする「TONARIWA O2Oプラグラム」を組み合わせることで、最適なソリューションを提供いたします。

電通アイソバーは、LINEを単なるリーチメディアではなく、顧客との関係構築を可能とするコミュニケーションプラットフォームと考えています。LINEを活用したO2O施策の強みは、LINEアカウントを起点とし、チャネルをまたいだ、継続的なOne to Oneコミュニケーションを実現、顧客へ最適な体験を提供することです。
CRMにおいて、企業と消費者とが迅速かつ継続的に効果的にコミュニケーションする環境が期待されているなかで、フェーズごとに分かれた施策の提供ではなく、一貫した顧客体験価値を実現します。
オンライン・オフラインを含むプロモーション、カスタマーサポートなど様々な顧客接点を統合的にプランニング、取得したデータを活用してコミュニケーションを行い、LINEを顧客育成の場とすることが可能となります。

【TONARIWA O2Oプログラム】

TONARIWA(トナリワ)は年間100を超える豊富なプロモーションの実績と、これまでに数多くのLINE公式アカウントの効果を最大化するための運用コンサルティングの実績から得たノウハウを活かし、LINEビジネスコネクトの多様なニーズに応えることができるマネジメントツールです。

昨今、日本のコミュニケーションに欠かせないインフラへと成長した、LINEを介したCRM活用のニーズが高まっているなか、各コンタクトポイントで最適な顧客体験かつユーザーコミュニケーションを可能とする「TONARIWA O2Oプログラム」を開発。TONARIWA O2Oプログラムにより、ユーザーのブランド(企業)体験価値を向上、エンゲージメントを高め顧客関係構築をサポートします。

■O2Oプログラム■

• ストアQR連携
店頭ごとのユニークなQRコードを介してユーザー情報を取得。それにより、どのユーザーが、どの店舗に、いつ、何回来店したか 等のデータ取得が可能。
各店舗のユーザーを把握することができ、セグメント配信と連携することにより店頭送客や販売促進が可能。

• LINE Beacon連携
店舗やイベント会場に設置されたbeaconから周辺にいるユーザーに対してLINE経由でクーポンなどのプッシュメッセージの送付が可能。すでに来店しているユーザーへのプッシュメッセージによって販売促進や、ユーザーの情報取得による再来店促進などのメッセージ配信への活用が可能。

• レシパシャ連携
株式会社ブランカの「レシパシャ(レシート認証エンジン)」と連携し、製品購入後のレシート画像をLINEを通じて送信、ユーザーはワンステップでマストバイキャンペーンに応募が可能。LINEを使って簡単にマストバイキャンペーンを実施し、販売促進を行える。

• #MirrorSnap(ミラースナップ)連携
株式会社SnSnapの提供する「#MirrorSnap(持ち運び可能な設置型カメラサービス)」と連携。イベント会場などのフォトブースで撮影した限定のフレームやイラスト画像、アニメーション動画付きの動画データをLINE上で簡単にユーザーに送信できます。イベントに参加したブランドへの関心が高いユーザーの獲得、イベント参加者に対して他のユーザーとは違うメッセージ配信ができ、タッチポイントを起点としたさらなるエンゲージメント強化を実現することができます。

電通アイソバーは、専門性の高いさまざまなサードパーティーとの連携や独自の機能開発を続けることにより、TONARIWA O2Oプログラムの機能を充実させ、迅速かつ複雑な対応を求められるデジタルマーケティングにおいて、企業とユーザーの最適なコミュニケーションのために「TONARIWA(トナリワ)」のサービス展開を積極的に行ってまいります。

 

【この件に関するお問い合わせ】

電通アイソバー株式会社 広報担当:
Tel: 03-5551-9885
E-mail:contact@dentsuisobar.com
全ての製品名又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。