RELEASES

2018.12.10

第1回Webセミナー「顧客の興味・関心度をデータで把握!リード獲得のための分析手法とは?」

昨今、高度化が進むテクノロジーを活用したデジタルマーケティングや、企業としてのデジタルトランスフォーメーションが求められています。イベントやセミナーなどリアルの場での活動に加え、Webサイトやメールなどデジタルを活用したマーケティング活動をサポートするために、電通アイソバーではデジタルマーケティングに関するWebセミナーを開催します。

 

【第1回 セミナー概要】
タイトル:「顧客の興味・関心度をデータで把握!リード獲得のための分析手法とは?」 
日時:2018年12月17日 14時00分00秒 JST – 15時00分00秒
スピーカー:電通アイソバー プラットフォームデベロップメント部
エグゼグティブ テクニカル ディレクター 鈴木絵理
参加費:無料(事前登録制)
※お申込み期限:12月13日(木)
※お申し込み多数の場合、抽選とさせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
※大変恐れ入りますが、同業の方、個人でのお申し込みはご遠慮いただいております。
URL:https://dentsuisobar.adobeconnect.com/ee8ehtx1dr31/event/event_info.html

 

内容:今回のWebセミナーでは、BtoB企業様に向けたデータ活用の方法について、電通アイソバー株式会社が提供するサービス「Quick Win for Analytics B to B(以下、Quick Win)」を踏まえながらご紹介いたします。
Quick Winとは、アドビシステムズ株式会社(以下、アドビ)が提供するデータ分析ソリューション「Adobe Analytics(以下、AA)」をBtoBサイトで活用するための基本設計をパッケージ化したサービスです。訪問者のインサイトを理解するためのデータ設計を可能にする機能を備えた、パワフルな分析ソリューションであるAAを迅速に導入し、最大限に活用するため、電通アイソバーはこれまでの経験を活かして本サービスを開発しました。
Quick Winでは、BtoBの特長である訪問者のナーチャリングをプロセス化。製品やサービスを理解するためのコンテンツの分類、訪問を通じて閲覧したコンテンツの理解の進度を可視化することにより、その先の具体的な施策であるターゲティングやMAの活用などに効果的なデータ分析を実現することができます。
このQuick Winの考え方をベースに、自社の導入経験を踏まえた「BtoBのデジタルマーケティングを実践する」ための計測設計の手法や活用法を、詳しくご紹介いたします。