CASESくらしの乱れをアラートする 生活習慣臭

ニオイケアをCX Designでイノベートする。

コニカミノルタ株式会社

CHALLENGE全人類が直面する課題に、世界に先駆け挑戦する。

寿命が伸びれば、 人は幸せになれるだろうか? その答えは、健康上の問題がなく 自立して生活できる“健康寿命”が 長くできるかどうかにかかっている。 日本人の平均寿命は 男性81.25歳、女性87.32歳。 しかし、健康に生きられる年齢は 男性72.14歳、女性74.79歳。 つまり、約10年は病床で暮らしていることになる。 世界一の高齢社会である日本はもちろん、 ドイツ、フランス、中国など、 世界のあらゆる地域で広がる高齢化問題。 健康寿命を伸ばすことは 世界全体の課題だと言える。

SOLUTION社会記号「生活習慣臭」をつくり、ニオイによる健康習慣を啓発。

健康寿命を伸ばすにはどうすればいいか。 それは、毎日の生活を見直すこと。 誰もが知っていながらも、実現するのは難しい課題だ。 理由は簡単。病気や怪我などの目に見える変化がない限り、 規則正しい生活を持続するモチベーションは保ちにくい。 何より、自分の習慣が正しいものか見分ける手段もない。 そこで、コニカミノルタが注目したのは、 自分が気付く前の生活習慣の乱れや体調変化が起こった際に、 いつもと違う悪臭が発生すること。 そのニオイを生活習慣臭と定義し、社会に啓発。 同時に生活習慣臭を計測する世界で唯一のデバイス、 Kunkun bodyで毎日ニオイをチェックすることで 暮らしを改善する生活習慣を社会に広げていった。

RESULT世界的な社会課題の解決へ第一歩を踏み出す。

健康寿命を伸ばすことは、すでに世界全体の課題。 コニカミノルタは、ニオイの新しい概念、 生活習慣臭を普及させることで、 健康寿命を伸ばすための新しい可能性を提示。 日本中で注目を集めることとなった。 詳細な結果は次のとおり。

  • プロジェクト発足直後、190%のドラスティックな売上増を達成(前月比)
  • 合計200以上のメディア露出を達成。広告換算費は約2億円を超えた。

その取り組みは徐々にではあるが、 日本中の共感を得て、未来への可能性を広げつつある。 今は日本だけの小さな健康プロジェクトのひとつかもしれない。 しかし、このプロジェクトには、 世界の健康を変え、世界の未来を幸福にする、 無限の可能性を秘めている。我々は、そう確信している。

CREDIT
クライアント
コニカミノルタ株式会社
エージェンシー
電通アイソバー株式会社
制作
株式会社トライバルメディアハウス / 株式会社シグナル