Instagramの戦略に学ぶ、Simple is best.

InstagramがFacebookに買収されることが発表されて以降、さまざまな記事を目にしました、13人で10億ドルという、一人あたりの企業価値に仰天したわけですが、CEOのケビン・シストロム氏がインタビューで語っている記事をみるにつけ、私たちのビジネスでも当てはまる、気づきがありました。

Instagramも、いきなり成功を収めたわけではなく、前身のBurbnという失敗アプリがありました。 FoursquareのHTML5版のようなアプリ、ということだそうですが、そこで提供された様々な機能の中から、シンプルに、写真を共有する楽しみを 提供するためだけのアプリとしてブラッシュアップされたのが、Instagramです。

(さらに…)

情報サービスによるブランディング

ここ数年、広告会社あるいはエージェンシー(代理店)がやらなくてはいけない仕事として、クライアントの「サービス」開発支援、ということを考えています。
広告会社というのは、優れたプロダクツを持っているけれど、消費者あるいは顧客とのコミュニケーションがうまくいかないために、ビジネス上の成功をおさめられない場合に、最も力を発揮するものだと思っていますが、メディア環境の変化や消費者の情報接触に関する行動が変化する中、メディアを通じてメッセージを届けるといった単純な図式では、効果を失いつつあります。

(さらに…)

アプリ>モバイルサイト?

先日、米国のスマートフォン向けの広告ソリューションを開発している会社とミーティングを持ちました。
その際、スマートフォンアプリによるマーケティングの話になったのですが、米国ではアプリをメインのタッチポイントにすえてプランニングをしていることを実感しました。

(さらに…)