サイトのご利用にあたって

このWebサイト(http://www.dentsuisobar.com/ 以下「本Webサイト」といいます。)は、電通アイソバー株式会社(以下「当社」といいます。)が所有・運営しております。当サイトのご利用にあたっては、以下のサイトポリシーをご了承の上でご利用ください。

著作権について

本Webサイトにおけるコンテンツの知的財産権は、当社または当社が使用許諾を得た第三者に帰属します。
本Webサイトにおけるコンテンツの全部または一部を当社からの事前の書面による許諾を得ずに使用 (ダウンロード、複写、複製、表示、改変、頒布等、その使用形態を問いません) することはできません。
当社は、本Webサイトにコンテンツを掲示する際には、その内容の確認に合理的な努力を払っておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等については、一切保証いたしません。ご利用者の皆様のご判断と責任でご利用ください。

免責事項

本Webサイトに掲載された情報に基づいて為された判断を原因として発生したいかなるトラブル・損失・損害に対しても、当社は責任を負いません。
本Webサイトに掲載された全部又は一部の情報は、予告なく変更・中断することがあります。また、本Webサイトの運営は予告なく中止することがあります。本Webサイトからの情報をご利用になったこと、またはご利用になれなかったことにより生じたいかなるトラブル・損失・損害についても責任を負いませんのでご了承ください。

準拠法について

本Webサイトの利用について紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄とします。
本Webサイトの利用について紛争が生じた場合には、別段の定めのない限り、準拠法は日本法とします。

リンクについて

本Webサイトからのリンク・バナーによって他サイトへ移動できる場合があります。
移動された先の他サイトは当社が運営するものではない場合があります。
したがって、その内容等に対して生じたいかなるトラブル・損失・損害についても当社は責任を負いかねますのでご了承ください。
本Webサイトへのリンク設定は、原則として自由です。ただし、以下に該当するWebサイトからのリンクはお断りいたします。

● 当社または役員・社員、及びサービス・製品を誹謗・中傷するWebサイトからのリンク
● 違法である情報を含むWebサイトからのリンク
● 公序良俗に反するWebサイトからのリンク
● 営利を目的とするWebサイトからのリンク(当社が許可をしたものは除く)
● 独自のフレーム内に本Webサイトを取り込んだ形など、本Webサイトの情報であることであることが不明確となるWebサイトからのリンク

推奨環境について

本Webサイトを快適にご利用いただくには以下の環境を推奨いたします。
推奨環境以外では、表示や動作が正しく行なわれない場合があります。

 インターネットブラウザ
 Windows をご利用の場合
 Microsoft Internet Explorer 9.0以上
 Mozilla Firefox 最新版
 Google Chrome 最新版
 Macintosh(Mac OS X)をご利用の場合
 Safari 最新版
 Mozilla Firefox 最新版
 Google Chrome 最新版
※推奨環境でもOSの違いなどで表示上誤差が生じる場合がございます。

プラグイン
本サイトでは、お客様のブラウザに機能 (プラグインやアドオン) を追加しないとご利用できない場合がございます。
お持ちでないお客様は、以下のサイトよりダウンロード (無償) してご利用ください。

Adobe Reader
PDFファイルを閲覧・印刷する場合には、Adobe Readerが必要となります。
https://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/

Adobe Flash Player
一部のページでのアニメーションや動画再生には、Adobe Flash Playerが必要となる場合があります。

電通グループ
情報セキュリティ基本方針

電通グループは、グループ一体となって情報セキュリティ管理に取組みます。
私たち電通グループは、すべての事業領域において、グループ内に存在する重要情報を守るため、情報セキュリティ管理に取組みます。

1. 法令等の順守
私たちは、関連法令を順守して、また取引先をはじめとするステークホルダーからの要請等に基づいて、情報セキュリティ管理に適切に取組みます。
特に個人情報に関する管理を確実に実施します。

2. 情報の厳格な管理
私たちは、取引先の機密情報、個人情報等の重要情報の漏洩、紛失、毀損、不正利用が発生しないよう、情報を厳格に管理し、業務に関する情報については、グループ内や社員間であっても定められた範囲を超えて開示しません。
発注先の選定に際しては、情報セキュリティへの取組みを十分に考慮します。

3. 達成水準の維持と改善
私たちは、PDCA サイクルに基づく情報セキュリティ活動を通じて、達成した水準を維持し、その改善に取組みます。
グループとして、役員から社員まで全員が必要な知識と判断力を身につけるよう、情報セキュリティの教育と啓発にも注力します。

4. 環境変化への対応
私たちは、グループの事業領域や取扱う情報資産、また ICT(情報通信技術)環境の変化に柔軟に対応し、情報セキュリティ管理のルールや仕組みを見直していきます。

2012 年 6 月 22 日制定
2012 年 7 月 1 日施行

プライバシーポリシー

電通アイソバー株式会社は、デジタルマーケティングエージェンシーとして、高度化・多様化するデジタルマーケティングへのニーズに応え、広く社会に貢献することを目標とします。
そして、アイディアとテクノロジーによって、よりよい経験価値を生み出すために、適切に個人情報を保護した上で利活用することが、業界をリードする企業としての務めであると考えます。
そこで当社では、全役員および全社員が一体となって『個人情報』の適切な取扱いを実現いたします。

● 管理責任者および体制を明確にし、個人情報を適正に管理いたします。
● 個人情報の取扱いは、利用目的を明確に定め、適法かつ公正な手段にて行います。また、個人情報は、利用目的の範囲内でのみ取得、利用及び提供し、目的外利用を行わないための措置を講じます。
● 個人情報を保護するため、当該情報の漏えい、滅失又はき損を防止及び是正する適切かつ最善の措置を講じます。
● 個人情報の取扱業務を当社の協力会社に委託する場合は、選定基準に則り、十分な個人情報の保護基準を満たしている協力会社を選定します。また、海外の協力会社に個人情報取扱業務を委託する場合は、本人に通知し同意を得た場合のみとします。
● 当社は、グループ会社や業務提携先事業者等と個人情報を共同利用する場合があります。その場合、管理責任者を明確にし、通知または公表します。
● 本人から個人情報の開示等の要請及び苦情や相談があった場合には、遅滞なく対応いたします。
● 個人情報保護マネジメントシステムを実行するにあたって、個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範およびガイドライン等を遵守いたします。
● 定期的に個人情報の取扱いと個人情報保護マネジメントシステムを、社会情勢、環境等の変化を考慮しながら、継続的な見直しと改善を行います。

2001年12月25日 制定
2017年 8月1日 改定
代表取締役社長 得丸英俊

当社が取得する個人情報の利用目的

当社は、取得する個人情報は、以下の利用目的で利用いたします。

従業員の個人情報
  • - 賃金の決定および支払い
  • - 租税の徴収
  • - 各種社会保険の手続き
  • - 担当業務の決定、適正配置
  • - 能力開発
  • - 健康管理、労働環境の維持改善
  • - 業務上または緊急時の連絡
  • - 業務上必要な保険加入、出張等の手配
  • - 福利厚生の手配
  • - セキュリティ管理
  • - 法令に基づく関係省庁からの要請対応のため
  • - その他、会社がおこなう人事労務管理のため
採用応募者の個人情報
  • - 採用における選考のため
  • - 当社からのご連絡のため
  • - 入社後、社員としての人材活用のため
  • - 選考後、当社の採用活動を総括するため
出向者の個人情報
  • - 担当業務の決定、適正配置
  • - 能力開発
  • - 健康管理、労働環境の維持改善
  • - 業務上または緊急時の連絡
  • - 業務上必要な保険加入、出張等の手配
  • - 福利厚生の手配
  • - セキュリティ管理
  • - 法令に基づく関係省庁からの要請対応のため
  • - その他、会社がおこなう人事労務管理のため
常駐取引業者の個人情報
  • - 対価の決済(個人事業者のみ)
  • - 取引開始及び取引継続のための信用調査資料として(個人事業者のみ)
  • - 担当業務の決定、適正配置
  • - 業務上または緊急時の連絡
  • - 業務上必要な保険加入、出張等の手配
  • - セキュリティ管理
  • - 法令に基づく関係省庁からの要請対応のため
  • - その他、会社がおこなう人事労務管理のため
個人取引業者の個人情報
  • - 当社からのご連絡、ご挨拶、イベントのご連絡のため
  • - 取引開始及び取引継続のための信用調査資料として
  • - 法令に基づく関係省庁からの要請対応のため
セミナー、イベント、説明会等で取得した個人情報
  • - 当社からのご連絡のため
  • - 当社関連のイベント、セミナー、サービス等の情報のご案内のため
  • - 個人を特定しない統計データとして利用するため
当社ホームページからのお問合せに対する回答のために取得した個人情報
  • - お問合せに対する回答のため
当社へご来訪いただいた方の個人情報
  • - 業務上又は緊急時の連絡のため
  • - セキュリティ管理のため
  • - 法令に基づく関係省庁からの要請対応のため
営業活動によって取得した個人情報
  • - 当社のサービス、商品のお知らせのため
当社が受託業務を通じて取得する個人情報
当社との業務委託元との契約に基づく目的の範囲内においてのみ利用し、業務委託元が通知又は公表している利用目的の範囲内のみにおいて、サービスの提供、景品や資料の発送等を行います。
【例】
  • • キャンペーンの事務局代行に伴い取得する個人情報
  • • 会員サイトの運用代行に伴い取得する個人情報
  • • 資料請求、イベント、セミナー等の申込受付代行に伴い取得する個人情報
  • • アンケート調査及び消費者動向調査代行によって取得する個人情報
  • • オンデマンド印刷業務にて代行して取得する個人情報
当社が受託業務を通じて取得する個人情報は、業務委託元が取得する個人情報であるため、当社の開示対象個人情報とはなりません。これらの個人情報の開示等の求めは、直接委託元の個人情報保護相談窓口へご連絡ください。
SSLサーバ証明書またはドメイン取得代行手続きで取得した個人情報
  • - SSLサーバ証明書、またはドメイン取得代行のための管理のため
  • - SSLサーバ証明書、またはドメイン取得会社に登録依頼のため(本個人情報は、上記目的遂行のため、SSLサーバ証明書またはドメイン取得代行会社に第三者提供致します。)

個人情報に関する苦情、ご相談について

当社は、当社が取扱う個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去 及び第三者への提供の停止(以下「開示等」という)を求められた場合には、適切、かつ迅速に対応致します。
開示等の請求は下記個人情報相談窓口責任者までお申し付けください。

個人情報に関する相談窓口

連絡先
個人情報相談窓口責任者:経営管理部 部長
住所
〒104-0045 東京都中央区築地1-13-1 築地松竹ビル
電話番号
03-5551-9885 (受付時間:平日 10:00〜17:00)
メールアドレス
privacy@dentsuisobar.com

当社の認定個人情報保護団体及び苦情の解決の申し出先

当社の認定個人情報保護団体及び苦情の解決の申し出先については、以下にお問い合わせください。

名称
一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
連絡先
プライバシーマーク事務局 個人情報保護苦情相談室
住所
〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル
電話番号
03-5860-7565(フリーダイヤル:0120-700-779)
URL
http://www.jipdec.or.jp/protection_org/

ソーシャルメディアポリシー

電通アイソバー株式会社は、当社の役員、社員、パートナー社員および派遣社員(以下、「従業者」といいます。)が、様々なソーシャルメディアに参加し、積極的に社内外とのコミュニケーションを行うことを推奨しています。
一方、ソーシャルメディアへ参加し、情報発信することには、一定のリスクや責任が伴います。当社では、そのリスクや責任を認識し、すべての従業者にソーシャルメディアを健全に利用してもらうために、以下の内容を含むルールを策定し、ソーシャルメディアリテラシーの向上に努めています。

1. 法令を順守すること
日常生活と同じように、ソーシャルメディアを利用する場合も、守るべき様々な法令が存在します。ソーシャルメディアを利用する場合にも、関係する各種法令を順守するよう心がけます。特に、著作権、肖像権といった知的財産権の侵害には注意を払います。

2. 個人情報、機密情報の保護に努めること
(1) 当社の個人情報保護および情報セキュリティのルールにも記載してある内容は、ソーシャルメディアを利用する場合でも同様に適用されます。ソーシャルメディアを利用する場合は、個人情報や機密情報(当社のみならず、取引先やステークホルダーの情報も含みます。)の保護に努めます。
(2) 自ら撮影した写真等を投稿する場合には、意図せずにさまざまな情報が写り込む場合があります。投稿する際には、情報の写り込みについて、細部まで確認し、個人情報や機密情報が漏洩しないよう、細心の注意を払います。

3. 良識、正確性を持った発言をすること
(1) 公序良俗に反する発言、他人を誹謗・中傷する発言、反社会的な発言はしない、誤った発言をした場合にはすぐに訂正・謝罪する、発言が他者の引用である場合は、その旨を明らかにする、等の良識を持って発言を心がけます。
(2) 各ソーシャルメディアのルールを守り、コミュニティのマナーを尊重します。

4. 相手に伝わるコミュニケーションを意識すること
当社の従業員は、コミュニケーションをデザインする企業の一員として、ソーシャルメディアで発言する場合は、わかりやすく、誠実なコミュニケーションをするよう心がけ、傾聴の姿勢を忘れません。

5. ステークホルダーに対して配慮すること
当社は、ステークホルダーと共に成長し、利益を実現しています。従業者のソーシャルメディア上の言動によってステークホルダーに不利益が生じれば、当社はもちろんのこと、従業者自身に不利益が生じるということを十分に認識します。

6. 自分の所属を明らかにすること
(1) 当社はソーシャルメディアの利用においては、透明性が必要であると考えています。当社や電通グループに関する発言、関係性を容易に推測できる発言をする場合は、自分の会社名、氏名を明らかにしたうえで発言するように心がけます。ただし、個人の意見表明は尊重しますが、会社の見解と誤解されないように注意します。
(2) ソーシャルメディアにおいては、仮に個人の見解であると断った場合であっても、会社の立場を表明して発言する以上は、(特に役員や役職者については)会社の見解であると誤解する人が多数現れます。仮に個人の見解であると断ったとしても、発言内容には十分配慮が必要であることを認識します。
(3) ソーシャルメディアでは、自分の会社名、氏名を明らかにしていない場合でも、友達、フォロワー等のつながり、過去の投稿、写真、位置情報などから、本人を特定および推測することが可能であるということを認識したうえで発言・投稿を行います。

7. ソーシャルメディアの利用を通じて、価値を付加すること
ソーシャルメディアの利用を通じて、自身の知識やスキルの習得に活かし、問題解決に役立てます。

8. トラブルが起こった場合
ソーシャルメディアの利用においてトラブルが起こった場合、特に、当社、当社のサービスまたは当社の役員・従業員等に関連してトラブルが起こった場合は、不用意にコメントを削除したり、コメント欄を閉鎖したりする前に、上長に報告・相談するなど、現状の共有と対策の協議を行ってください。

2017年8月1日 改訂
2010年8月1日 制定
代表取締役社長 得丸英俊