Munehisa Okada / Platform Development Dept. / Vice President

どうやってビジネスを作っていくのか。
どうやってメンバーと共に成長していくのか。
そして、お客様にどのように満足して頂けるのか。

岡田 宗久 Munehisa Okada

プラットフォームデベロップメント部
バイスプレジデント
2007年中途入社

制作プロダクションでデジタルコンテンツやサイト制作、ECの開発を行い、その後システム開発会社にてSEやプロジェクトマネージャーとしての経験を積むなかで「テクノロジーの力を活用して生活者に直接影響を与えることができる仕事がしたい」との思いを抱き、電通アイソバーに入社した岡田。プラットフォームデベロップメント部のバイスプレジデント(部長)として、テクノロジーを活用して新しいコミュニケーション手法やビジネスモデルを見つけていくデジタルマーケティングプラットフォームの提案や導入コンサルティングに従事し、日々生まれる新しい課題に挑戦し続けている。

クライアントのビジネスへの貢献だけでなく、その先の「生活者の利益」を意識

「私はAdobe Marketing Cloudを中心としたマーケティングプラットフォームの提案、導入時のコンサルティング、プロジェクト推進を担う部署のマネージャーをしています。他にも、様々なプラットフォームベンダーや海外の開発会社との関係構築、新技術の習得、プラットフォームと当社のノウハウを組み合わせたサービスの企画・開発も行っています。これはグローバルの視点から見ても、最先端のテクノロジーの情報や知見が必要とされる仕事です。そうした知識やコンサルティング技術を率先して身に付け、それをダイレクトに仕事で活用できるため、非常にやりがいを感じていますね。
マーケティングプラットフォームの導入は、コストが高く期間も長く必要となるため、当社にかかる期待と責任の重さは非常に大きいです。マーケティング領域にとどまらず、お客様のビジネスへの貢献、その先の生活者の利益を考えてコンサルティングしていくのは大変ですが、自身の知見の幅を広げることができるので成長している実感を得られるのはありがたいですね。IoTやデータ分析、プラットフォームなど、ビジネスやマーケティングでテクノロジーの活用が求められているなか、制作や開発の現場レベルでやるべきことがわからないとコンサルティングやプロジェクト推進はできません。しかし、この点に関しては前職での経験が活きていると感じます。」

コストも期間も大きいプラットフォーム導入プロジェクトをマネジメントする根底には、前職で培った現場感覚、知識が活きているという岡田。現場で働く部下の上岡に岡田について聞いてみた。

プラットフォームデベロップメント部の部下:
プラットフォームデベロップメント部 テクニカル ディレクター 上岡 響 Hibiki Kamioka

多角的なコミュニケーション力で、複雑な案件をスムーズに進めてくれます

「僕はAdobe Marketing Cloud案件に関して提案や技術的な確認や設計を行っているのですが、岡田さんの対外的な交渉力にはとても助けられています。大規模な案件となるため、技術的な問題以外にも政治的な問題が起こりがちなのですが、そうした複雑な問題を解決するためのコミュニケーション力がずば抜けていると感じます。関係各所とのリレーションの作り方が見事です。コミュニケーションの丁寧さだけでなくすべて先読みしているかのような動き方には驚かされます。
またマネージャーとなると現場には入らないという人も多いですが、岡田さんはかなり現場に近い方だと思います。部として新しいことにチャレンジできる環境や雰囲気を作ってくれているので働きやすいですね。」

自分自身もクライアントも常にチャレンジ。
部長として部下が成長できる環境を

「スキルや人脈など、やはりこの会社だからこそ得られるものは多いですね。電通とアイソバーという両社の名前がついているというプレッシャーもありますが、プレッシャーのある環境の方が自分で考え、行動しなければならないため、得るものはとても多いです。さらに私は早くからマネージャーを任せられ、この変化の早い環境の中で、どうやってビジネスを作っていくのか、どうやってメンバーと共に成長していくのか、そしてお客様にどのように満足していただけるのかなどを学びました。
そして普段からお客様に色々とお話を伺っていると、チャレンジするのは我々だけではなくて、お客様も同様なんだと感じます。特にプラットフォームの活用はコストもかかるので、お客様の期待を超える成果を出さなければなりません。この厳しい状況のなかで期待を超えるのは容易ではありませんので、常にチャレンジです。
そのため何事にも興味を持ってインプットしていく必要があると考えていて、部署としても色んな仕事を経験するようにしたり、セミナーへの参加を補助するなどの仕組みづくりを行っています。プラットフォームデベロップメント部は技術力があり尖ったメンバーが多い反面、自分の専門領域に閉じこもってしまいがちなので、そこは気をつけて各々の持っているものをシェアするように意識しています。」

部下のマネジメントでは個性を活かすことを心がけているという岡田。そんな環境で働く岡田の部署のメンバーは、他部署との案件でも力を発揮しているという。

色んな能力に特化した人たちをまとめるマネジメント力に驚きます

「私は航空業界のLINEビジネスコネクトを利用した搭乗予約システムの構築案件で制作ディレクションを行っているのですが、岡田さんの部署から上岡さんにテクニカルディレクターとして入ってもらっています。私としてはLINEビジネスコネクトの仕事が初めてだったということもあり、正直どう動いていいか分からないという不安がありましたが、技術的なことはとにかく上岡さんに聞くようにすることで立ち回れていると思います。
岡田さんのプラットフォームデベロップメント部は、色んな能力に特化した人たちが集まっていると社内でも評判です。そうしたスタッフをまとめてのびのびと仕事ができるようにしている岡田さんの手腕はすごいと思っています。」

案件をともにした他部署の担当者:
ソーシャルメディアマーケティング部 シニア ソリューション アーキテクト 安東 咲 Saki Ando

舞台は世界へ。チャレンジを楽しめる仲間を歓迎します

「私は今後、電通アイソバーという会社のグローバルネットワークを発展させていきたいと思っています。各国のアイソバーグループや、世界中のデジタルエージェンシーと実際に話をしてみても、日本も世界もやっていることに変わりはありません。
電通アイソバーのメンバーはみんなが非常に高いスキルを持っていて、日々新しい情報も取得しているため、常に進化していますし、私も刺激を受けています。海外の関連会社やパートナーのメンバーも来ているため、英語が飛び交う国際的なコミュニケーションをしています。
もちろんまだまだ力をつけなければならないところもありますが、実績を積み、自分たちの武器を開発しながら、国境を超えた仕事をしていきたいと思っています。そのために必要なのは、この分野に興味を持ち、自ら新しいことを見つけて、どんどん新しいことにチャレンジしていくという姿勢です。今後仕事のフィールドを広げていくためにも、そうしたチャレンジを楽しめる方にどんどん入ってきていただいて一緒に働きたいですね。重要なのはキャリアや経験よりも、同じベクトルを向いて仕事ができるかどうかだと私は考えています。」

グローバルな視点に立ちながら、人それぞれの得意分野を活かしてチャレンジしていきたいと語る岡田。入社二年目の若手社員 戸田の話を聞くと、それが実践されていることがわかる。

プラットフォームデベロップメント部の新卒二年目の若手社員:
プラットフォームデベロップメント部 アシスタント データ アナリスト 戸田 大介 Daisuke Toda

視野を広げ、可能性を作ってくれた頼れる部長です

「正直、最初はプラットフォームデベロップメント部への配属は不満でした。僕はもともとデジタルにすごく興味があり、趣味でスマホアプリを作っていましたので、そういった楽しくて派手なことが好きなので、クリエーティブなことができるような部署に入りたかったんです。
でも実際にこの部署で働いてみたら、多くの案件でマーケティングに携わることができ、様々な業界、案件の裏側を感じられ、とても楽しくて驚きました。それまではつくるものに関して『楽しければいい』と思っていたのですが、マーケティングの仕事をしていくなかでユーザーの反応というものをもっと考えるようになり、個人としての成長にも繋がっていると感じています。
そして、個人的に岡田さんにはとても感謝しています。実は、個人のプロジェクトとしてアプリ制作を続けたくて、そのための時間を確保できるように働き方を変えてもらいました。部長として、部下の個人でやりたいことを尊重してくれて会社と掛け合ってくれたことや、部署としてフラットな雰囲気を作ってくれているのは本当にありがたいことだと感じています。」

Ideas
without
limits

Enabled by technology.
Designed for people.
Delivering business results.

前職のシステム開発での経験を通し、もっと直接的に生活者やビジネスに影響を与えられる仕事がしたいという思いを持った岡田。現在はマーケティングプラットフォームの導入コンサルを通じ、クライアントの事業やサービスを支援することで、その先の生活者の利益に寄与できることを強く意識しているという。コストも期間もかかるため、プロジェクトは長大かつ複雑になりがちだが、これまでの仕事から得た経験や知識、能力、そして日々インプットを欠かさない姿勢で、部を率いて新しくグローバルなチャレンジを続けている。