NEWS

電通アイソバーのニュースをご案内します。

プライベートセミナー開催のお知らせ

デジタル戦略の課題を解決する
効果的なプラットフォーム導入のファーストステップ

多様化するデジタル戦略の基幹となるプラットフォーム選定は、その予算規模や工程の長さから慎重に取り組むべき課題です。単なる選定を行うのではなく、基準となるデジタルマーケティング推進方針の検討が必要となります。
電通アイソバーでは、デジタルマーケティングを推進するためのファーストステップを確実に踏み出すために、新たなサービスをリリースいたしました。厳選された実用度の高いコンポーネントをセットした「Adobe Experience Manager」の導入パッケージをご用意。導入に向けた試用環境・プロセスを準備し、企業様のデジタルビジネスに最適な活用をご支援いたします。

【日時】2016年10月28日(金)16:00~18:00終了予定(15:30受付開始)
【会場】築地松竹ビル5階 大会議室A・B(東京都中央区築地1-13-1)
【参加費】無料(事前登録制)
【定員】50人
【主催】電通アイソバー株式会社

ご挨拶
デジタルプラットフォーム導入成功のための課題
登壇者:電通アイソバー株式会社 プラットフォームデベロップメント部 部長 岡田 宗久
speaker01セミナー来場の皆さまにご挨拶を行うと同時に、プラットフォーム導入のためのステップや考え方のサマリーをご説明します。
今回の「Quick Win for Digital Experience」リリースの最大の特長として、日本では馴染みが薄い「POC(Proof of Concept)」と呼ばれる試用期間を導入のプロセスに組み込み、顧客が製品の特長や自社での具体的な運用を理解してから、実際の導入が行われることをご紹介します。
第1部
Adobe Experience Managerはデジタルビジネスの駆動部スピード×ターゲティングで顧客のデジタル体験を創造する
登壇者:アドビシステムズ株式会社 シニアソリューションコンサルタント 横山 順也氏
speaker02電通アイソバーの岡田が聞き手を務めながら、アドビシステムズ株式会社の横山氏と共にエンタープライズCMSの先駆的な製品である「Adobe Experience Manager」の特長や、導入企業のデジタルビジネスの発展や向上にいかに寄与するか、を事例を紹介しながら解き明かします。
本セッションは製品紹介に留まることなく、高速に多様化するデジタルビジネス市場と顧客ニーズの今後を見据えながら、顧客要望の半歩先を見据えるスピード感やターゲティング・パーソナライズが重視されるデジタルマーケティングの現状についてお話していきます。
第2部
AEM導入のためのエントリーパック「Quick Win for Digital Experience」ご紹介
登壇者:電通アイソバー株式会社 プラットフォームデベロップメント部 平 博介
speaker03今回のサービス開発を担ったプラットフォームデベロップメント部の平より、導入プロセスをステップに沿って具体的に紹介いたします。
quick_win_black
※プログラムの内容、スケジュール、講演者はやむをえない事情で予告なく変更する場合がございます。
※全ての製品名又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です

お申込みの受付は終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。

お問い合わせ先
電通アイソバーセミナー事務局
seminar@dentsuisobar.com 電話番号:03-5551-9943