NEWS

電通アイソバーのニュースをご案内します。

LINE ビジネスコネクトを活用したマーケティング支援サービス 「TONARIWA(トナリワ)」に店舗別友だち管理機能を追加した「TONARIWA for Retail」提供開始

株式会社電通iX(本社:東京都中央区 代表取締役社長:得丸 英俊、以下電通iX) は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE社)が提供する企業向けシステムサービス「LINE ビジネスコネクト」(※1)に対応したマーケティング支援プラットフォーム「TONARIWA(トナリワ)」(※2)に、店舗ごとに訪れた友だちを管理する機能を追加した「TONARIWA for Retail」の提供を開始しました。

■「TONARIWA for Retail」について
店舗スタッフやユーザーによる複雑なオペレーションを必要とせず、店舗やイベントごとに設置した個別のQRコードによるLINEの友だち追加を行ってもらうだけで、どの店舗やイベントから友だちになったユーザーなのかを登録し、その登録情報に基づいたメッセージのセグメント配信を可能にする機能です。

TONARIWA for Retail

登録された店舗(イベント)情報は、「TONARIWA(トナリワ)」の管理画面で確認することができ、他のデータと掛け合わせたセグメント設定を行うことも可能です。
この機能の提供により、企業の持つお客さま情報と連携しなくても店舗ごとに情報を出し分けたメッセージ配信が可能になります。

<応用イメージ:店舗ラリーキャンペーン>
友だち登録後も、店舗別にQRコードの読み込み履歴を管理することもできるため、特定店舗に訪れたユーザーにのみプレゼントメッセージを送信するなど、店舗ラリーキャンペーンとして応用することも可能です。

店舗ラリーキャンペーン

■今後の展開について
電通iXではグローバルで広がりをみせつつあるメッセージングサービスにいち早く対応できるよう「TONARIWA(トナリワ)」のサービス拡張に努めてまいります。将来的には複数のメッセージングサービスを横断し、最適なコミュニケーションを行えるソリューションとして成長させていく予定です。

※1 「LINE ビジネスコネクト」について
LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIを提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になります。

※LINEが、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

※2 「TONARIWA(トナリワ)」について
「LINE ビジネスコネクト」 を活用したマーケティング支援プラットフォームとして、データベースのご提供をはじめ 、セグメント配信機能、トーク(自動応答・キーワード応答)機能 、応募フォーム作成機能を管理画面上で一元管理できるシステムです。加えて、お客様のマーケティングニーズに合わせて柔軟にご要望に応えられるよう、機能拡張も可能なシステム設計を行っています。