NEWS

電通アイソバーのニュースをご案内します。

LINE ビジネスコネクトを最大限活用できるよう独自開発した新サービス「TONARIWA(トナリワ)」の提供を開始

株式会社 電通レイザーフィッシュ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:得丸英俊、以下、当社)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川亮、以下LINE社)が提供する企業向けシステムサービス「LINE ビジネスコネクト」 を活用したマーケティング支援プラットフォームの新サービス「TONARIWA(トナリワ)」を開発し、本サービスの提供を開始いたします。

電通レイザーフィッシュでは、豊富なマーケティングキャンペーンにおけるプランニング・エグゼキューション実績や、LINE公式アカウントをはじめとするソーシャルメディアアカウントの運用コンサルティングを通じて得た、クライアントニーズやマーケティング課題に関する知見を元に「TONARIWA(トナリワ)」のサービスを開発しました。

■基本機能のパッケージ+機能拡張可能なシステム設計

スピーディーかつリーズナブルに導入ができるよう、「TONARIWA(トナリワ)」では、基本サービスとして、LINEの特性と企業のマーケティングニーズに見合った3つの基本機能をパッケージ化。加えて、お客様のマーケティングニーズに合わせて柔軟にご要望に応えられるよう、機能拡張も可能なシステム設計を行っています。

<基本サービスで提供される機能>

任意のユーザーに適確な情報を届けることが可能な「セグメント配信機能」

ユーザーとインタラクションな会話を実現できる「トーク機能」

キャンペーンとの連携が可能な「応募フォーム作成機能」

このような基本機能と機能拡張という特徴を持つため、「TONARIWA(トナリワ)」は、LINE公式アカウントをキャンペーン活用からCRM活用まで、さまざまな企業のマーケティングニーズに応えられるソリューションとしてご活用いただけます。

→サービス紹介資料(PDF)

■「LINE ビジネスコネクト」とは

LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIを提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※1)になります。

※1:LINEが、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 電通レイザーフィッシュ
広報担当
TEL:03-5551-9885
URL:http://www.dentsu-razorfish.com