NEWS

電通アイソバーのニュースをご案内します。

清水誠氏、電通レイザーフィッシュの社外フェローに就任

株式会社電通レイザーフィッシュ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:得丸 英俊)は、2013年5月15日付けでWebアナリストの清水誠(しみずまこと)氏を社外フェローとして招聘することをお知らせします。

清水氏はWeb解析やIA/UXなどデジタルマーケティングの分野で、数多くの目覚ましい実績をあげ続けている第一人者です。「Experience Innovation」をコンセプトに掲げる電通レイザーフィッシュでは同氏のフェロー就任により、さまざまな解析ツールへの対応からKPI/KGIの設計などを通しROIの最大化を実現するサービス提供のスピードを一層加速することが可能になると考えております。

今後、同氏には解析データ等を活用した施策全般にわたるアドバイス、実案件への関与等を期待しており、その結果として、より高いレベルのソリューションサービスを提供していく所存です。

■清水誠氏のコメント
「アクセス解析」よりも包括的な「デジタルアナリティクス」は、米国ではスタートアップから大企業まで幅広く活用され、事業の継続的な成長に貢献しています。
そのためには、事業の戦略や課題に沿ったKPIを定義し、意志決定と評価のプロセスを構築することが重要です。日本では現場向けの便利ツールとして位置づけられがちな「アクセス解析」をより包括的でアクショナブルな「デジタルアナリティクス」として再定義し、その普及を促進させるために、セミナーや相談会、記事や書籍の執筆、企業へのアドバイス、社外CMO/CAO就任による変革の支援などを行っています。この活動をさらに加速させるため、この度フェローとして就任することにしました。データ活用により、適切で迅速な意志決定及び各種施策や個々人の努力への正当な評価を実現することが、企業や業界の発展につながるはず、という強い信念を持って取り組む所存です。

■清水誠(しみずまこと) 略歴

1995年国際基督教大学教育工学科修了。インターネット暦20年。凸版印刷や外資Webエージェンシー(サイエント、セピエント、フロンテッジ・レーザーフィッシュ)にてIA/UXの開拓と啓蒙、大手企業へのWebコンサルティングに従事した後、企業の内側から変革を進めるというスタイルに変更。ウェブクルーで開発・運用プロセスの改善、日本アムウェイで印刷物のデジタル化とCMS導入、楽天でWeb解析の全社展開、ギルト・グループではCRMの運用改善をリード。2011年9月に渡米、ユタ州にてデジタルマーケティング製品の品質改善に取り組むかたわら、執筆や帰国時のセミナー活動も続けている。 アクセス解析イニシアチブプログラム委員。SiteCatalystユーザー会「eVar7」共同創始者。サンクトガーレン社外CMO。イード社外CAO(Chief Analytics Officer)。

著書
「商談に結びつける 売上をあげるためのBtoBデジタルマーケティング入門」(共著)
「サイトサーチアナリティクス アクセス解析とUXによるウェブサイトの分析・改善手法」(監訳)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 電通レイザーフィッシュ
広報担当
TEL:03-5551-9885
URL:http://www.dentsu-razorfish.com